ふんどしランジェリー開発ストーリー

【略歴】

2013年10月 ふんどしぱんつを自作して履き始める
2014年 2月 イベント販売用ふんどしぱんつの依頼を受け
”ふんぱん♡”誕生
2014年 3月 要望を受け、”Je marche librement ジェマーシュリブレモン”として、インターネットで販売開始
2014年 7月 季節限定での草木染めの商品、地元兵庫県西脇の特産である「 播州織のオーガニックコットン」の取り扱いも始める
2015年 6月 米国で試験的に販売を開始
2015年 7月  ”ふんぱん”から”librement リブレモン” に商品名を変更
2015年11月 神戸市より神戸ブランドとして「神戸セレクション」に選定される
2016年 3月 シルク商品の取り扱いを開始
2016年 7月 法人化 株式会社Je marche librement へ
2016年12月 経済産業省 「LED関西」ファイナリストに選出
2017年11月 サイバーエージェント主催 クラウドファンディング Makuake にて 開始26分で100%達成し、40日間で756%を達成させる

下着難民だった産後

息子を出産後、

「市販の下着のMサイズじゃ
 小さいけど、
 Lサイズじゃぶかぶか~」

な中途半端サイズの
お尻に進化した私は、

普通の下着だと
食い込みが気になって
履き心地も悪いし、
タイトスカートや
パンツスタイルにも響くし

どうにかならんのか…

と思っていた時に、
ゴムの入っていない
” シームレスショーツ”
なるものを見つける。

「これだー!」

と履き始めるが、
しばらく経つと
なぜかお尻がカサカサザラザラに。

しかも、”シームレスショーツ”は
水着の生地のような化繊の素材を、
ボンドで張り付けたような
つくりなので、
アンダーヘアに静電気が発生して、
下着に張り付き毛根が痛くなる
という事態に…

長時間きつく髪を結んでいて、
ほどいた時のような痛みです。
髪の長い女性ならわかるかも!

後にお尻のザラザラは、
化繊による乾燥が原因だと知る。

ふんどしぱんつとの出会い

そんな時に友人から偶然、

友人
ゆきちゃん大学でファッション専攻だったよね?
ふんどしぱんつ作りたいから教えて!

と言われ、

Yuki
ふんどしぱんつ?
なんじゃそりゃ

と調べてみたら、
想像以上にダサいものだったのですが。。。

当時の私は、
とにかく早く下着難民から
脱出したかったので、
友人に作り方を教えながら
自分のものも作って履いてみることに。

初めて作った試作モデル

履いてみるとびっくり!

ふんどしという形状なので
どこも締め付けず、

素材も赤ちゃんの肌着に使う
ダブルガーゼを使用したので
肌触りも良く

見た目以外は意外にも快適なものでした。

身体の変化

ふんどしぱんつを毎日履き始めて
1か月が経ったころ、
悩みの種だった
お尻のザラザラが消え

カサカサだった肌質も、
プルプルとつきたての
お餅のような手触り
に。

ソケイ部の黒ずみも無くなり、
嬉しくなって、
毎日お風呂の度に
お尻をチェックし
触ってニヤニヤする日々。

そして3か月が経った頃、
今まで1週間はあった生理が
ぴったり3日で終わるようになり、

気がつけば、産後太りもどこへやら。

いつの間にか、ふんどしぱんつの
とりこになっていました。

※これはあくまでも私に起こった変化で
誰しもがこうなるというわけではありませんが、
数年来なかった生理が来るようになった。
冷えからの不眠が解消された。など
身体を緩めることで起きた変化を
お客様から多数いただいています。

ふんぱん誕生

そんな変化を楽しんでいたある日、
親友の歩ちゃんから

“子宮委員長はるちゃん”を呼んで、
子宮や女性性のお話会をするから、
イベント販売用に
可愛いふんどしぱんつを作って欲しい。
市販のは可愛くないし、
せっかく良いものだから、
もっとたくさんの女性に知ってもらいたい」

と依頼され、型紙を書き起こし、
大学時代からの友人が
ちょうどアルバイトを探していたので
縫製を依頼し、試行錯誤の末に誕生したのが

”ふんどしぱんつ”「ふんぱん」です。

”ふんどしなんてダサい!” というイメージを覆し、
女性のテンションが上がる
シンプルで可愛いデザインが降りてきて、
素材には、私も愛用していた
赤ちゃんの肌着に使うダブルガーゼを使用したので、
肌触りもとても良く、
何とも言えない安心感のある履き心地の
ふんどしぱんつが完成しました。

カラーも、子宮の働きを活発にする
といわれている赤、ピンクを始め、
大人っぽい渋めの色など、
厳選したバリエーションで揃えました。

実は、ダブルガーゼは
ベビー用に使われることが多いので、
淡~いピンクブルーイエローくらいしか
取り扱っているところがなく、
渋い色や濃い色を探すのが
とっても大変だったんです。

そして、トークイベントの時にはるちゃんから

『価格を上げてくれたらうちのサロンでも販売したい』

と言ってもらい、
値段を上げることに
ものすご~くドキドキしながら
現在の価格に設定。

彼女が値段を上げてと言ったのは、

「今まで、安くしすぎて
造ることがしんどくなってやめてしまって、
気に入ってたのに
買えなくなってしまったものがたくさんあるから、
ちゃんと利益を取って作り続けてほしい。
買えなくなるのはイヤだ」

という理由からでした。

その言葉を聞いて
めちゃくちゃうれしかったことは
今でも忘れられません。

そしてはるちゃんが
ブログ記事に載せてくれたことがきっかけで、
「ネットでも販売してほしい」と
たくさんの方から要望を受け、
「自由に歩く」という意味を持つフランスの言葉である

「Je marche librement ジェマーシュリブレモン」

の屋号をつけ、私と友人の2人で
ネットでも注文を受けることに。

2014年7月には、
季節限定での草木染めの商品や、
地元兵庫県西脇の特産である
播州織のオーガニックコットンの商品を展開し、
2015年7月に独立。

ふんどしパンツを知らない人にも
勧めやすいように
名前を変えた方がいいのではないか、
という声をたくさんもらい、
「これはもはやランジェリー」という
お客様からの言葉をヒントに
「ふんどしランジェリーⓇ」に商品名を変更。

2015年8月には
「ブラカップ付きキャミソール 颯-Sou-」
「ブラカップ付きタンクトップ 風-Fu-」を展開、

2015年11月には神戸市より
「神戸セレクション」に選定
され、
神戸ブランドに。

2016年 2月にシルク商品の取り扱いを開始

2016年 7月に法人化し 株式会社Je marche librement へ

2016年 12月 経済産業省 「LED関西」
ファイナリストに選出される

2017年11月 サイバーエージェント主催
クラウドファンディング Makuake にて
開始26分で100%達成し、40日間で756%を達成させる

2018年8月 締付けないブラ「 結Yui 」販売開始

2019年6月 日本製シルク布ナプキン「 月雅Tsukimiyabi 」販売開始

2020年1月末までに累計7500枚以上を販売

今に至りますが、
「 Jemarchelibrement 」には
始まりからたくさんの人が関わって下さって、
いまがあり、
その中の誰一人が欠けても
成り立っていなかったと思います。

こうして始まった活動は、
生き辛さを感じていたかつてのわたしが
“カラダもココロも「 ゆるめる 」ことで
生きることが楽になった” ように、

たくさんの方に、
「ゆるめる」ということが必要だと感じ、

現在、カラダへのアプローチとして
「 ゆるめる、流れる、温まる。
ココロとカラダが本気出すランジェリー 」
をテーマにした締めつけないランジェリーを、

ココロへのアプローチとして
占星術を使いリーディングやヒーリングを用いた
セッション・コンサルを行ない、

カラダとココロをゆるめることで
「 生きることが楽になる 」
ための活動をしています。

今までも、これからも、
全ての出会いに感謝して、
たくさんの方のカラダとココロを
ゆるめ続けていきます。

 

 

 

 

 

 

Je marche librement 玉川 有希